本物を追求する人々

2015.02.05 Update

奇跡の杉

アイ・ケイ・ケイ株式会社 愛工房/代表取締役  伊藤 好則氏

 

木の立場になって作った低温乾燥装置「愛工房」

私が健康・環境問題への取り組みを始めたのが30年ほど前、そこから導かれるように「日本の杉」の問題、そして「杉の素晴らしさ」にたどり着きました。電気工事会社を開業したのが、28歳、60歳で卒業しましたが、求人活動で出身地である九州各地の高校を訪れた際に、目・耳にした森林、林業の問題が気になっていました。
日本の環境問題は「森林」・「人工林」、特に「杉」に問題があることは聞いていましたが「杉が使われない」最大の理由は「乾燥」が難しいことと知りました。そんなある日、あるヒントを得たことで、木材や製材に関してまったくの素人である私が「杉を生かしたい」という、その気持ちだけで木材乾燥装置を製作することを思い立ちました。
素人なのがかえってよかった。経済や効率優先の考え方ではなく、「伐採してからも生きている」「呼吸する生き物である」という考えに基づき、「木の立場」に立って製作したところ、今までの乾燥機とは全く違ったものが出来上がりました。
最大の違いは装置に使用する資材と稼動する際の温度です。従来の乾燥機に使用されている資材のほとんどは金属かコンクリートです。当時の協力者、偶然同姓の伊藤隼夫氏は土間には「ヘドロ」状の液体が溜まるから床材はコンクリートにするべきだと言う。
私は、その「ヘドロ」は「木の養分」ではないかと思い、資材を選びました。構造材は唐松、室内は桧、外部は杉、床は松と適材適所、特徴を活かした素材を使って製作しました。ネズミの実験でも「鉄」や「コンクリート」の部屋に比べ「木」の部屋での生存率が非常に高いことは実証済みです。また、稼動時の温度が重要でした。木材乾燥機の90%以上が100℃を超える高温蒸気で乾燥していることを知りました。伊藤隼夫氏は80℃が必要だと強調する。私は木を「生きもの」として生存可能な温度で乾いて欲しいと思った。そこで「木に聞きながら」探した温度が45℃でした。45℃は木の酵素を損なわない温度であることを後日知りました。45℃での乾燥は変色せず、薬効成分を失わないことも教えてくれました。

 

●a0027_001488_m

 

本物がわかる赤ちゃんと動物たち

矢山利彦氏と船井勝仁氏の推薦でと電話があり、澤田升男氏が『愛工房」に現れて1年、全国で建設中の「神様が宿る家」に「奇跡の杉」が使われています。電話を受けた時の直感が現実となりました。この家に住むメリットを一言で表すと、生きた杉板が呼吸する「空気のよさ」に尽きると思います。
一般的に「健康住宅」と呼ばれていても、酵素や精油、香りなどの成分が失われている木材が多く使われています。もっとも深刻なことは、薬効成分を抜き取られた木材は、シロアリ等の対策として使用されている、「ネオニコチノイド系の薬剤」です。合板、断熱材、接着剤、防虫剤など、「住宅」の中でも多方面に使用されています。「この薬剤」の恐ろしさは、ヒトの脳への影響、とりわけ胎児、小児などが脳の発達障害になることが懸念されています。
EU全域は今年の12月1日から「ネオニコチノイド系の農薬」の使用が原則禁止となります。「住宅」の最大の被害者は、小さいお子さんや部屋で飼われているペットです。赤ちゃんは本物がわかる赤ちゃんと動物たち超能力者です。言葉が話せないので泣
いて危険を知らせます。
月に一、二度行う「愛工房木浴」、乾燥中の杉と一緒に入って、泣いた赤ちゃんは一人もいません。熟睡する赤ちゃんは天使の寝顔です。私は、「本物の健康住宅」は赤ちゃんや動物たちが認めてくれる家だと思います。「神様が宿る家」は、日本の財産「杉」を多くの家庭に届けてくれるでしょう。日本各地の「杉」が活かされて「森林」が甦ることは、「愛工房」を開発した私の願いです。

 

●ik0126

 

「木」と「人間」。本当の主役はどっち?

人間目線で見ると、自分たちこそ地球上の主役。なぜなら知能を持っているからです。しかし、それは勘違いだと私は思っています。知能はたしかに一番かもしれませんが、生命力が一番の能力だとすれば、私たちは木の足元にもおよびません。
もう一つは、人間がいなくても木は生きられますが、木がいなくては人間は生きられません。木が人間を育ててくれたんです。そう考えると、地球上の主役は、人間ではなく、木だと言えるのではないでしょうか。
ところが、人間はわがもの顔で自分たちの都合に合わせて木を痛めつけ、防虫対策と称して化学物質まみれにします。このことが自分や自分の家族の健康を損なう結果になることに気づいて欲しいのです。千年も生きる能力を持つ木から見れば人間の行為が如何に愚かなことか…。これからの時代で大切なのは、木の立場に立ち、木と共存していくことです。「愛工房」の目的は、木の素晴らしさを伝えると同時に、地球を汚す行為に対して警鐘を鳴らすこと。それが私の使命だと思っています。

 

●ik0003-

 

アイ・ケイ・ケイ株式会社「愛工房」
〒175-0082 東京都板橋区高島平9-17-4
TEL 03-3967-4711 FAX 03-3967-4710