全国で活躍するベテラン医師が語る カラダに良い本物の家とは

2015.05.04 Update

家の中は危険な電磁波でいっぱい! 家を建てるなら、まず電磁波対策を

丸山アレルギークリニック/丸山 修寛 院長

1958年、兵庫県生まれ。山形大学医学部卒業。
宮城厚生協会坂総合病院、東北大学病院第一
内科などを経て、1998年、丸山アレルギークリ
ニックを開院。東洋医学、西洋医学に加え、波
動や音叉療法に取り組む。独特の治療法は多く
の健康雑誌にも取り上げられるほど。
1日平均150人以上の患者さんが訪れる。
著書『アトピーのルーツを断つ!!』(ホノカ社)ほか多数。

 

頭のそばにコンセントはありませんか?

みなさんは、有害電磁波の人体への影響をどれほどご存知でしょうか。
1992年、スウェーデンでは大規模な疫学調査の結果、北欧3カ国において、送電線や変電所の付近など2mG(ミリガウス)以上の磁場では全国平均よりはるかに高い「小児白血病の発生率2.1倍、小児脳腫瘍1.5倍」と結論づけ、電磁波の危険性をあらためて示しました。
けれども、危険なのはそうした外部環境だけではありません。もっとも危険なのは住環境。なぜなら、私たちは家の中で電磁波に囲まれた生活をしていると言っていいからです。
携帯電話をはじめ、電磁調理器(IHクッキングヒーター)、エアコン、パソコン、電気こたつ、電気毛布など、場合によっては送電線より強い電磁波が出ているものもあります。増え続ける電化製品に比例して、使用する電気量も著しく増え、東京電力によれば、40年前と比べて電気使用量は約6倍。ゲーム機や携帯電話、パソコン、ホットカーペットなど、体に長時間触れる電化製品の影響ははかり知れません。
しかし、実は、それらすべてがつながっている電気コンセントが一番怖いのです。みなさんは気づいていないかもしれませんが、何もつないでいないコンセントの穴からも電磁波は発生しています。そして、家中に充満した電磁波は、より電圧の低い体の表面へ流れていきます。電磁波のもれを防ぐには余分な電気を地中に逃がすアースをとるのが確実な方法ですが、欧米と違い、日本の電気コンセントはアースがとれないため、電磁波を逃がす手段がないのが現状です。
特に、眠っている間、私たちの脳はまったくの無防備。コンセントが枕元にあったらどうなると思いますか?
脳に近いところで電気が流れ、電磁波によって静電気が誘導されて頭にたまり、脳血流を低下させています。それが不眠や頭痛、そのほか免疫力の低下による思わぬ病気を引き起こしている可能性が高いのです。
また、家庭内の電化製品が増え、コンセントが増えると、電気配線の数も増大し、見えない壁の中はさまざまな種類の配線が網の目のように走っています。その配線も電磁波を発しているのですから、体が悲鳴を上げるのは当たり前と言っていいでしょう。

 

増え続けるアレルギー原因は有害電磁波

電磁波はどのようなメカニズムで体に影響するのでしょうか。
日本の電気コンセントからは、スウェーデンの電磁波許容基準の7倍もの電磁波が出ています。この電磁波が空気中の水分子に作用し、プラスの静電気を帯びたイオンを空気中に増やします。すると、空気中のダニの死がいや糞、ホコリ、ウイルスを磁石のように引き寄せ、皮膚に炎症を起こさせたり、口から入り、粘膜を刺激して鼻炎や気管支ぜんそくを引き起こしたりするのです。
私のクリニックには、毎日現代医学では治りづらい患者さんが全国からやってきます。その症状はさまざまで、アトピー性皮膚炎やぜんそくといったアレルギー症状だけでなく、がん、脳腫瘍で苦しんでおられる方々も多くいらっしゃいますが、私は、そのうちの9割は何らかの電磁波障害が原因だとみています。ところが、一般的な病院では、家中にあふれかえる電磁波が原因だとい事実に気づかず、薬漬けにしてしまっているのです。
しかし、電磁波が発生している場所から離れることで、症状が格段に良くなる場合があります。
あるお子さんは、引っ越しがきっかけでアトピーが重症化したと来院されました。皮膚をかきむしると粉っぽくならずに皮膚がそのままベロンとめくれてしまいます。そして、浸出液がしみだし、痛くて関節なども曲げられない状態でした。
なぜこれほど悪化したのか、お宅に伺い、電磁波測定計で家のあちこちを測ってみると、一カ所だけ針が振り切れてしまう場所がありました。その子の勉強机です。家の外側に回ると、そこには家の配電盤がありました。そこで、机を電磁波の少ない場所に移動してもらったところ、3カ月ほどで症状が消え、見違えるように肌がきれいになりました。
また、60代の女性は不眠や吐き気、うつの症状を訴えていました。この方の寝室は2階にあり、ちょうどベッドの真下に1階の照明器具などの配線がたまっていたのです。その上、ベッドのスプリングコイルが電磁波を集め、増幅させていたことがわかりました。ほかの部屋に移って布団で寝起きしてもらうようにしたところ、現在は睡眠薬も必要なくなり、元の明るい性格が戻ってきました。

 

●IMG_8562

薬を使わず電磁波対策で病気が消えた!!

近年、注意力や集中力に欠け、落ち着きがなく、キレやすい子どもが増えているのも、電磁波による脳血流の低下が大きな原因でしょう。
だからといって、すべての電磁波を遠ざけることはできません。また、する必要もないと、私は思っています。時代とともに生活を便利に楽しくするものが発達するのは当然のこと。携帯電話やパソコンの使用を否定するつもりもありません。
それよりも、電気コンセントや携帯電話、パソコンが出す有害な電磁波を人の健康にとって有益な電磁波に変えて使えばいいと思っています。その方法なら心身の健康を増進し、病気を治すだけでなく、お子さんや若者の脳の働きをよくし、争いや不安のない世の中をつくれると思うからです。
私はこれまで、強い電磁波を受けても体内の微弱な電流がスムーズに流れるようにするにはどうすればいいか、工夫を重ね、周波数ごとの電磁波対策器具を研究・開発してきました。それらを自宅のコンセントや配電盤に設置したり、携帯電話やパソコンに張り付けたりするだけで、薬を一切使うことなくアレルギー症状が改善した方、脳腫瘍やがんが癒えた方、かすみ目、頭痛、肩こりなどの不定愁訴がなくなった方は枚挙にいとまがありません。
それだけでなく、電磁波対策をした家のお子さんたちの中で、成績が驚くほど良くなる例が増えてきました。脳血流を測ると、電磁波対策する前と比べて明らかに数値が上がっていて、親御さんからは「勉強時間は変わらないのに理解力が上がり、人にも優しくなった」と聞きます。そう考えると、電磁波対策は、お金のかからない最高の勉強法かもしれません(笑)。

 

漆喰から出る遠赤外線で電磁波をカット

これから家を建てる方は、ぜひ真面目な家づくりをしてほしいと思います。アレルギー症状の出やすいお子さんは、やはり化学物質に弱い傾向があります。ですから、まずは合板や接着剤を使う家ではなく、昔ながらの無垢材や漆喰など天然素材を多く使った家を選択されるのがいいでしょう。
化学物質過敏症の患者さんが増え続けているのは、住まいの文化が変化し、工業化に大きく傾いてきたせいもあります。もっとも、私に言わせれば、化学物質過敏症と電磁波過敏症はセット。お互いに悪さしているのは間違いありませんが、むしろ電磁波がイニシアチブを握っているのではないかと思っています。
その点、天然の漆喰から出る遠赤外線には有害電磁波をカットする働きもあります。また、漆喰は強アルカリ性のため、殺菌機能があるほか、主成分の消石灰の作用によって、カビやダニの発生を防ぐと言われています。住環境のつくり方によって、電磁波の影響を弱める工夫はいくらでもできるはずです。
また、住まいだけでなく、周辺に高圧送電線や携帯電話の電波塔など、電磁波発生源が少ない場所を選ぶことも大切です。
本来、体の不調は寝ているときに治すもの。電磁波を野放しにせず、住環境を変えれば、健康で幸せな家族の人生が見えてきます。

 

コンセントを抜くこと。それではだめだった!!

■スイッチオフでもでている電磁波とは?

コンセントを差すと、電場が発生します。

電場はアースを取ることで、ゼロに近い数値まで削減できます。
スイッチオフの状態では、磁場は発生しません。

 

・・・・スイッチを入れると、電場も磁場も発生します。

磁場はアースを取っても削減されません。
しかし、距離を置くことで影響がなくなります。

●IMG_8607

丸山アレルギークリニック

〒982-0007
宮城県仙台市太白区あすと長町4-2-10
☎022-304-1191

http://maru-all.com/